fbpx
  1. HOME
  2. プロジェクト概要
  3. 代表あいさつ

hs-Project

カラダの本質プロジェクト

代表あいさつ

MESSAGE

『カラダの本質プロジェクト』にかける想い

オープンハッセーの八田誠二です。

私は、大学卒業後、医療系フィットネスに2年間勤務、スポーツ整形外科に6年間勤務した後、2005年にパーソナルトレーナーとして独立しました。その5年後にはパーソナルトレーナーとして、某フィットネスクラブ 全国売り上げ『24ヶ月連続 No.1』を記録。

それと並行して25歳から我が師となる研究所の所長のもとで、西洋医学の限界を超えた『身体の本質』を学んでいたため、その頃から世の中の情報や考え方に多くの疑問を感じるようになったのです。

健康を提供するはずのこの業界で、間違った情報を元にお客様へ指導をしている同業者や施設があまりにも多いことを知り、正しい情報を発信していくために会社を設立しました。

現在は『身体の本質』を世の中に広めるため、身体の本質プロジェクトを立ち上げ、自身の身体の本質セミナーと、全国各地で本質を伝えておられる先生方をお招きしてのセミナーを定期的に開催しています。

◎プロジェクト開始の決断

ある時期に、ひとの命の尊さを考えさせられるできごとが何度もありました。
病院でできることを全てしていただいても、良くはならなかったのです。
身内、知人、お客さまなど、当然私も何とかできないかと最善を尽くしましたが、やはり結果は変わりませんでした。
何ともできなかった自分を責め、自分の価値を見失い、涙をこらえる日々。
このような思いを二度としないために、「今の自分に何ができるのだろうか?」と考えに考え抜いた結果、病院にかかる前の段階で、予防をしていくしかないという結論に至りました。
病気や体調不良になってからでは遅いのです。
元気なうちに、何に気をつけて、何をしていかなければならないのか?などをお客さまに少しずつ理解してもらい、いざという時に何とかなるように日頃から準備をしておかなければなりません。

これを私1人が頑張っても伝えられるお客さまの人数に限界があるため、より多くの指導者の先生に広めることにより、その先にいる1人でも多くの人達を救うことができるのではないかと思い、身体の本質プロジェクトを立ち上げて指導者の育成へ力を入れることにしました。

◎仲間とのプロセス

身体の本質プロジェクトを立ち上げたあと、私の想いやビジョンに共感してくれるトレーナー仲間が少しずつ増えて、一緒に進んでいくことになりました。
はじめ受け入れられるまでは色々な苦労がありました。
世の中の情報と違うところが多々ありましたので。
「世間では○○と言われているけど、何を根拠にそのようにおっしゃるのですか?」のようなことは良く言われました。
「その○○が間違っているのですよ!」と何度も言いかけましたが、すぐにその言葉を飲み込み、やはり「まだ受け入れられるには時間がかかるんだな」と、こちらが一歩引いての対応を余儀なくされました。

しかし、インターネットの普及でより多くの情報を得られるようになったため、時代の流れが変わってきました。
ある年から
「このような本質を捉えたセミナーを探してたんです」
「眼から鱗です」
「世の中には情報があり過ぎて、何が正しいのかが分からなくなっていました」
「全てに理論とつながりがあって分かりやすい」
「長年の疑問がスッキリしました」
という方が急に増えて、喜ばれ、そして受け入れられるようになりました。

なかなか受け入れられなかった時期から、ずっと協力してくれているトレーナー仲間には、本当に感謝の想いでいっぱいです。
私の見えていないところを補ってくれて、そして影でたくさんのことをしてくれています。
彼らの支えがなければ、身体の本質プロジェクトはここまで来ることができなかったはずです。
これからは、私が周りのトレーナー仲間に、たくさんのものを還元していきたいと思っています。

また身体の本質プロジェクトでは、想いやビジョンに共感してくれる新しい仲間をどんどん増やし、社会に大きく貢献していけるチームづくりをしていきたいと思っています。

◎今回、更に次のステップへ進んだ理由、本質ダイエットへの想い

身体の本質プロジェクトを立ち上げ、身体の本質セミナーで多くの先生方へ「ノウハウ」を伝えてきました。
「本質」とは奥が深く、1〜2ヶ月くらいですぐに身につくものではありません。全ての内容を理解して、自分自身に定着させ、そしてお客さまへと伝えていけるようになるまで、何度も何度も復習したり、再受講で土台を固めていく必要があります。セミナーでは、「本質」を身につけるまでに3〜5年は覚悟しておいてくださいと伝えています。

「3〜5年で本質が身につく人」が大半で、中には「すぐに本質を身につけられる人」がごく少数、しかしながら、仕事の環境や今までの指導経験の違いなどから、継続して学び続けることができずに「本質を身につけられない人」も何割かいらっしゃいます。
お客さまのために貴重な時間・お金・労力を費やして、思い切って身体の本質セミナーを受けに来ていただいたのに、「学ぶ内容が多い」「難しい」「○○との線引き」などの理由で途中から来られなくなった人達を見ていると、私自身の力不足を感じ、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
何とかそのような人達にも「本質」を身につけてもらいたいと思い、内容を少しずつ変えたり、伝え方を変えたり、マニュアルを提供したり、フォローを徹底させていただいたりしましたが、有効な手立てはありませんでした。
そして、ようやく行き着いた答えが「カリキュラム変更」と「自分で問題解決する力の育成」でした。

①今までの内容の最重要項目を集めてシンプルにする
②教科書のような全体的な内容提供から現場で使える内容を重視する
③お客さまのニーズNo.1のダイエットにしぼる
④自分で問題解決していける能力を重視する

上記に変えることにより、「量」が減り、「シンプル」になり、より「実践的な内容」で、かつ「○○との線引き」の心配がなく、「自分で結果を導いていける」ようになる、理想の「本質ダイエットセミナー」に生まれ変わりました。
その結果、昨年までのカリキュラムでは実現しなかった、「資格認定制度」や「講師養成」もしていけるようになり、より多くの人達に「本質」を届けられる環境が整いました。

この新しく生まれ変わった「本質ダイエットセミナー」を土台にして、全国各地のより多くの指導者の先生方に「本質」を身につけていただき、更にその先におられます多くのお客さまの「健康なカラダづくり」へとつなげていければと思っております。